loading

ABAプログラムについて

ABA(Applied Behavior Analysis:応用行動分析学)は教育、スポーツ、企業コンサルティング、リハビリ、老年学などに幅広く活用されており、とりわけ自閉症児や発達しょうがい患者の問題行動を改善するのに用いられます。

子どもの行動に着目します

「成長したね」と伝えるだけでは、十分な情報共有が出来ているとはいえません。

「授業で毎回3回以上挙手している」など、具体的な行動で表現することで、「成長」の中身を共有することが可能になります。お子さんをほめるときにも、「頑張ったね」よりは「毎回発言しようと挙手して頑張ってるね」の方が、何をほめられているのか、伝わりやすいでしょう。

また、ABAでは、お子さんの「行動」だけではなく「行動のきっかけ」と「結果」に注目することで、お子さんに対する理解を深めていきます。

たとえば、「ちょっと手伝って」と声をかけられたときに、「お手伝いをする」と「ありがとうと言われた」というような、「どんなときに、何をしたら、どうなった」の関係性を考えます。

つまり、行動を維持するためには、何かしらのいいことが起こることが必要だという考え方です。このいいことは、人によってさまざまなので、何が行動の維持に影響しているのか、見極めることが大切です。

当事業所は非営利活動法人つみきの会提携契約を結びABA療育技術支援をうけ、スタッフ全員がABA指導員として指導をうけています。

つみきの会

ご家族にできることが必ずあります

ぞうさんの足音が大切にしているのは「お子さんの力」と「ご家族の勇気」です。

ABAはプロでないとできないわけではありません。その必要性と効果を理解すればご家族でもサポートが可能です。

ぞうさん足音では、ご家族自身がお子さんの専門家になり、早期療育を主導していけるようサポートします。